title.gif(116917 byte)

鹿教湯温泉の中でお土産といえば、温泉まんじゅう。できたての温泉まんじゅうを散歩しながらいかがですか。
まんじゅう以外にも伝統的なお土産屋さんがいくつも点在し、寄ってみる価値あり。
お土産 清凉堂
創業大正八年、鹿教湯温泉で老舗のお菓子屋さんです。かけゆまんじゅうは、黒糖を使ったもっちり皮に、北海道産の小豆をこくのあるあんに丁寧に仕上げた温泉まんじゅうです。おやきはヘルシーな信州の郷土食で、野沢菜、ナスをはじめ九種類あります。鹿教湯散策で小腹がすいた時、和風ファストフードのおやきはいかがですか。ほかにたっぷりあんこの昔懐かしい田舎おやきもおすすめです。甘味喫茶も併設しており、そちらで食べることもできます。ゆったりとリラックスしたひと時をお過ごしください。
●営業時間 8:30〜19:00
●定休日 なし
●連絡先 0268-44-2447
お土産 塩川
温泉まんじゅうとそばまんじゅうの2種が あり、それぞれ皮とあんの調和が絶妙なので、是非、食べ比べてみたい。温泉まんじゅうは黒糖より軽い風味のカラメル入りの皮に、 小豆の香りがしっかりした粒あん。そばまんじゅうは、そばの風味が香る皮に、よくさらした雑味のないこしあん。どちらも甘さ控えめで、ファンが多い。最中義仲のかぶと(栗入り粒あん)、鹿教湯最中(クルミ入り粒あん)も手作りで味わい深い。
●営業時間 8:30〜18:00
●定休日 木曜
●連絡先 0268-44-2420
温泉まんじゅうと香ばしくも口溶けの良い最中が人気の店。温泉まんじゅうは、こしあんと粒あんの2種。どちらも滑らかに溶けるさっぱりしたあんと、もちもちした皮の食感とのバランスが抜群だ。蒸かしたてはもちろんのこと、冷めた状態ならではの美味しさも味わうことができる。つきたての餅から作られた皮が香ばしい最中は、口に入れたとたん、 あんと皮がスムーズに一体となって口の中へ広がっていく名品。店内でお茶と一緒にお召し上がり頂けます。
●営業時間 8:30〜18:30
●定休日 水曜
●連絡先 0268-44-2503
ホームページ

● 酒屋 サカエヤ

長野県の限定流通のお酒をメインに取り揃えています。当店取り扱いのお酒のほとんどが試飲できますので御自分の舌で確かめてお気に入りの1本を見つけて下さい。
●営業時間 8:30〜19:00
●定休日 火曜
●連絡先 0268-44-2314
ホームページ

● みやげもの 大丸屋

●営業時間 10:00〜17:00
●定休日 木曜
●連絡先 0268-44-2425

● 雑貨 横山商店

●営業時間 9:00〜18:00
●定休日 金曜
●連絡先 0268-44-2450

● くすりの丸光薬局

●営業時間 8:30〜18:00
●定休日 日曜
●連絡先 0268-44-2448

鹿教湯温泉では信州そば以外にも、ラーメン・寿司・カレーといった誰もが大好きな食事が楽しめます。
食事の後には、喫茶店でお茶でもいかがですか。
甘味処 清凉堂
●営業時間 10:00〜18:00
●定休日 水曜
●連絡先 0268-44-2447
●営業時間 11:00〜14:00
●定休日 水曜
●連絡先 0268-44-2600
そば 辰巳屋
●営業時間 11:00〜20:30
●定休日 不定休
●連絡先 0268-44-2443
カレーハウス 白扇
●営業時間 9:30〜16:00
●定休日 不定休
●連絡先 0268-45-3404
● ホームページ

呑み食い処 わんだーれ

●営業時間 18:00〜23:00
●定休日 火曜
●連絡先 0268-71-6543
ホームページ
寿司八光
●営業時間 11:00〜14:00 17:00〜20:00
●定休日 なし
●連絡先 0268-44-2514
ラーメン ばんび亭
●営業時間 11:00〜22:00 (ラストオーダー21:30)
※平日14:30〜17:00は準備中
●定休日 火曜
●連絡先 0268-44-0678